Ian Curnow イアン・カーナウ

Publisher / Management
DWB MUSIC
Country
UK 出身 / London 在住
Profile

Ian Curnowは、プロのセッション・キーボーディスト、アレンジャーとして活躍した経歴を持つ。3年間、Talk Talkのメンバーとして過ごし、その後 Stock Aitken and Waterman がブレイクした時代に、メインのキーボーディストとして活躍。

その後、Phil Hardingとチームを組み、E17のほとんどの楽曲をプロデュース。また、BoyzoneTake ThatRoxettDeuceOTTLet Looseなどのプロデュースも手掛ける。

Ian個人としても、イギリスのダンスボーカルグループSclub 8を含む様々なアーティストのヒット曲を作り出すと共に、Liberty XGirls AloudRobin Gibb等々のプロデュースを行っている。日本でも、L’Arc-en-CielのHydeのデビューアルバムの楽曲を手がけている。

 

Achievements
倖田來未, Dream, A.B.C-Z など

ALL WORKS

Web
http://eemusic.co.uk

CONTACT
Ian Curnowに関してのお問い合わせ

Ian Curnow'S PICK UP

  • Dream - こんなにも

  • 倖田來未 - Lollipop